2014年01月06日

大阪での卵子凍結保存情報

2014年1月5日読売新聞記事「卵子凍結 40まで仕事」より

この記事は大阪市内に住む35歳の女性、由紀さん(仮名)の卵子凍結保存についての記事でした。
由紀さんは地下鉄の中吊り広告に目がとまった。
それは、大阪市西成区のオーク住吉産婦人科の船曳美也子医師の、卵子凍結保存について記した本の広告だった。
由紀さんは1週間後、船曳美也子医師が勤めるオーク住吉産婦人科へ行った、ということです。
【送料無料】女性の人生ゲームで勝つ方法...

【送料無料】女性の人生ゲームで勝つ方法...
価格:1,365円(税込、送料込)


↑楽天ブックス 送料無料
↓アマゾン 通常配送料無料 レビュー有



大阪市内の産婦人科のことなので、今回はこの記事に書かれている情報をまとめてみました。
・オーク住吉産婦人科の未婚女性の卵子凍結件数は、2010年では1件だったが、2013年には36件で、毎年増加。
・由紀さんが2013年10月末に払った卵子凍結保存初期費用は約35万円。
・翌月に卵子10個を採取し、凍結保存した。
・由紀さんの場合、卵子凍結保管費用は5年で約70万円だ。



70万か〜。大きいけど払えない額じゃないね。
でも3年後に融解することになっても5年分の保管費用が要るのかもね。1年ごとでも良いのかな?
だけど不妊治療をしてもなかなか授からないことを考えると、
いずれ子供が欲しいと思っているなら、1歳でも若いうちに凍結保存するのは良いと思います。
ただ、前にも書いたけど「凍結したからいつでも産める」と誤解しないように気を付けたいね。

クリック
お願いします

にほんブログ村

当ブログ記事
卵子凍結での出産確率

その他
不妊治療専門の蔵本ウイメンズクリニック(福岡市博多区)・・・凍結保管等の料金など(メディカルちゃんねる)
大阪府内の大学病院での不妊治療費用一覧(みいの不妊治療 全記録)
年間50万円の卵子凍結で「子供も、キャリアも」実現 「卵活」のススメ(産経新聞 2014年1月4日)
卵子の凍結保存…未婚女性にも容認の指針案 (ヨミドクター)
不妊治療で赤ちゃんを授かる割合2010年


ラベル:不妊 気になる本
posted by なる3 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月27日

わたしの漆器 取り扱い方法

楽天 送料無料
京都 漆器の井助
お手頃価格
これなら和洋なんでも使い道いろいろ。


前回「漆器のお手入れ・取り扱い方」の続き

漆器の取り扱い方
■熱に対しての注意
・電子レンジでは絶対に使わない
おばちゃんは、お椀は電子レンジOKのお椀とを使い分けています
・ジュージュー焼き立てのお肉や、揚げたての熱い天ぷら等は漆器のお皿にのせない
おばちゃん家では、取り皿としてや、ちらし寿司、和菓子、カステラ、ケーキなどに使います
漆器のフォークもあるので、来客時にケーキを漆器でもてなすこともできますよ

■漆器の洗い方
・乾燥機や食洗機は絶対に使わない
・アクリルたわしやスポンジは、柔らかくても絶対使わない
(普通の食器と同じように扱うと、うるしがはげてダメになる)
・食器ふきんかテーブルのふきんに洗剤を付けて、水または、手を浸けても熱くない温度のお湯で洗う
・米粒などがこびりついた時は水に浸して置くが、長くても30分以内

■洗った後
・次の食事まで水切りかごに入れっぱなしでも大丈夫
・出来ればふきんで拭いておくと、水滴の跡が残らない

■漆器の収納場所
・キッチンのシンクの上の戸棚

■漆器の保管方法
・買った時に入っていた箱に入れて、薄い紙が挟んであれば、その紙を挟んで保管する
(買った時の状態で保管するのが基本)

■長期間収納する場合(重箱など頻繁に使わないもの)
・洗った後、水滴をきれいにふき取ってから数時間から一晩置いて、箱に入れ、買った時の状態で保管

おばちゃん家は、この使い方でお正月位しかお重って使わないけど、それ以外の時に出してなくてもカビたりしません。

↑↑素材-天然木
表面塗装-天然漆のお重
これはオススメ。
アマゾン【送料無料】

クリック
おねがいします

にほんブログ村
ラベル:お手入れ方法
posted by なる3 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

漆器のお手入れ・取扱い方

楽天 送料無料 おせち、お花見、運動会に!



お正月のおせち料理を引き立ててくれるのが重箱。
プラスチックは安価で扱いやすいですが、漆器のお重なら、おせち料理だけでなく新年のひと時を、さりげなく上品に引き立ててくれるでしょう。
私も漆器は大好きで、お祝いに贈ったりもしていますし、実家でも昔から漆器のお椀やお皿を日常的に使っていました。



【以下、読売新聞2013年12月19日朝刊より】
東京・代官山の漆器専門店「山田平安堂」店長の浅見博さんは、「漆器を扱う時には、気を配りたいポイントが幾つかあります。」と話す。

■漆器の取り扱いで避けたいこと
・急激な温度変化や乾燥は避ける
・水に浸けたまま、洗った後にそのままにする等の「放置」は避ける
・汁ものをよそった状態で長時間置くのも良くない
・電子レンジでは使わない
・スポンジの固い面では洗わない

■漆器の取り扱い方法
・ぬるめのお湯で洗う
・布で洗うのが理想だか、スポンジの柔らかい面で優しく洗う
・米粒などがこびりついた時は水に浸して置くが、長くても30分以内
・洗ったら柔らかい乾いた布で拭く
・重ねて収納する時はティッシュペーパーを挟むと傷つかない
・おもてなし用の漆器でも、年に数回は取り出して使うことが大切
(湿気によるカビや乾燥による傷みを防ぐため)

↑↑東京・代官山の漆器専門店「山田平安堂」↑↑
漆器って素敵ですよ。一度見てみて!


あまり難しく考えなくて大丈夫ですよ。
おばちゃん家は、重箱はお正月位しか使いません。
実家でもかつて、何年も重箱を使わなかった時期があったけど、久々に出してもカビも何にも無しだった!
でも収納場所が押し入れの奥底なんかで、何年も仕舞ったままだとカビるかもしれないね。
わたしの漆器の取り扱い方を次で書きます。


クリック
おねがいします

にほんブログ村
ラベル:お手入れ方法
posted by なる3 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 役立つ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

感情労働で燃え尽きないために

これまでの記事
感情労働とは?その特徴は?
続:感情労働とは?

感情労働で燃え尽きてしまわないためには、工夫が必要だ。
看護師の感情労働を研究する、武井麻子 日本赤十字看護大学教授(精神保健看護学)は、感情や体験を自由に語り合う場を、定期的に設けることを提案している。
嫌な体験や弱音も率直に語ると、グループで同じ体験をした人も居ることが分かり、「自分だけではない」「分かってもらえた」と孤立感を防ぎ、助言を受ける機会にもなる。
職場から離れ、同じ職業の人で集まる方法もある。

ひと相手の仕事はなぜ疲れるのか―感情労働の時代
著:武井麻子
アマゾン 通常配送料無料


感情労働の時代〜つらい精神的な労働を乗り切る方法〜
楽天 電子書籍


職場での仕事の不満も良かったことも、誰かに話すと全然違う職種の人でも、似たような経験があることが分かり、「自分だけではない」「分かってもらえた」と思えることは普通にあります。
社会を知ることもできるし。
だから恥ずかしがらずに誰かに話してみると良いよ。


クリック
お願いします

にほんブログ村

お仕事対談「感情労働の黒い面を担当して」
なぜ「感情労働」は「マクドナルド化」によって対処されるのか(どうしたら燃え尽きずに済むか)
感情を大事にしない日本の病院(放浪医者日記)
posted by なる3 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続:感情労働とは?

管理される心〜感情が商品になる時〜
楽天ブックス 送料無料
【送料無料】管理される心 [ ア-リ-...

【送料無料】管理される心 [ ア-リ-...
価格:3,045円(税込、送料込)



前回(感情労働とは?その特徴は?)の続き
感情労働とは、アメリカの社会学者 アーリー・ホックシールド氏が、1983年に出版した本「管理される心」で提唱した考え方。
利用者から笑顔が期待される客室乗務員や、債務者に強い態度に出ることが求められる集金人の調査を通じ、
感情の商品化を分析した。
感情労働は、女性に担わされる傾向があることにも言及している。

日本では2000年に翻訳が出版されている。
以降、徐々に認知される様になった。
感情労働が求められる職種は、
店員などの接客業、教員、看護師のほか、
直接顔を合わせないがコールセンターのオペレーターなども当てはまる。

管理される心〜感情が商品になる時〜
アマゾン 通常配送料無料



次回(仕事で燃え尽きないために)も感情労働の話です。
クリック
お願いします

にほんブログ村
posted by なる3 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。